職探しはフリーペーパーやハローワークで

現在の転職市場における動向について

求人情報や求職情報を扱うホームページなどから、現在の転職事情がどのような形になっているかを職種別に整理してみました。
転職市場が最も活性化しているのはIT業界のようです。
特にモバイル系は、商業市場がさらに活性化する見込みです。
そのため、モバイルテクノロジーに対応できるエンジニアの需要が高まっています。
現在、携帯関係は売り手市場となっていますが、この状況はしばらく続くでしょう。

売り手市場が続いている職種には、金融業界があります。
中でも、保健関係の競争はますます激しくなっており、2007年から銀行窓口での販売が解禁されたことや、外資系企業の保険への参入で、国内企業は現状打破が必要になっています。
特に銀行関係や保険会社関係などの経験者への求人が多く、専門のスキルを持つ人が金融業界では高い需要があるといえます。

また、どのような業界でも事務や営業の転職市場も売り手優位が続いています。
新しい事業を立ち上げるにしても、既存の事業を拡大するにしても、事務や営業は欠かせない職種です。
その点については金融業界もIT業界も変わらないのではないでしょうか。
その分野での確かな経験と技術を持ち、会社において即戦力となりうる人が、これからの競争社会ではますます必要になります。

どのような職種においても専門技術を持つスペシャリストが優遇されており、それは現在の売り手市場でも変わらないようです。
| 転職

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。